My dance

年齢、舞踊の種類を問わず参加者を募る東京なかの国際ダンスコンペティションとなかのセミナーコンペティションとともに広いダンスの世界へ!
映像セミコン2022 (映像による なかのセミナーコンペティション2022)

映像セミコン2022 (映像による なかのセミナーコンペティション2022)

スタジオなどで踊った映像を送ると、なかの洋舞連盟の講師陣から丁寧なアドバイスがもらえます。コンクール、コンペなどの準備に最適です。

舞台で踊って対面でのアドバイスを受ける従来の方法は、コロナ禍のために見送ります。

 

受付期間
6月10日~7月10日

実施日 会場
8月30日 なかのZERO視聴覚ホール

受講資格
年齢・経験、舞踊の種類を問いません。作品は3~4分が目安で、最長6分まで。

アドバイス
〇全作品に「講評シート」を実施日以降に郵送します。
〇更に詳しい「アドバイスレポート」も希望する場合は、☆印の講師から複数指定できます。特にバレエをご希望の場合には☆☆印の講師が対応いたします。
〇順位はつけませんが、優秀と認められた場合は「映像セミコン奨励賞」を授与します。

講 師
岩本奈月☆☆ 小林容子☆ 小平浩子☆☆ 妻木律子☆ 寺村敏☆☆ 中野真紀子 藤原悦子☆
(以上なかの洋舞連盟)

受講料
1作品4,000円

「アドバイスレポート」希望の場合,1通毎に1,000円加算

申込方法

①「映像セミコン2022申込フォーム」から申し込む。(本ページ最下段、受付期間中開設)

② ①から1週間以内を目処に振込をする。※なかのコンペとは別の口座です。

三井住友銀行 中野支店(店番223) 普通預金口座4300967 なかの洋舞連盟

③ 受付期間中に、対象となる作品の映像をギガファイル便で送信する。

※映像のファイル形式は、原則 MP4 または MOVとします。ただし、もしそれが難しいようであればご相談ください。

映像撮影規定

  1. 必ず申し込んだ本人の演技、または作品を撮影すること。
  2. 昨2021年8月以降に撮影したものであること。他のコンクール等での録画は不可。
  3. 演技中は、指導者の指導や周りの人の声かけ、拍手などが入らないようにすること。
  4. 映像は1回撮りで、一切編集・加工・補正せず、撮影したそのままの状態であること。
  5. 撮影は原則屋内で、地明かりのみで撮影すること。衣裳の着用、メイクの有無は自由。
  6. 音楽は映像にあとから当てずに、必ず音楽を流している状態で撮影を行うこと。
  7. 原則として、撮影するカメラは固定し、横長画面で演技空間全体を正面から撮影すること。魚眼レンズは禁止。ただし、出場者が画面に収まりきらない場合は、出場者を追う程度の多少のカメラの移動は許容する。
  8. 終始、出場者の全身がはっきりと見え、映像と音声が鮮明であること。

※ 空間が広すぎると被写体が遠く小さくなってしまいます。10m×6m程度の範囲での撮影が見やすいようです。

 

ギガファイル便での送信の仕方

〇基本的な使い方は、こちらでご覧いただけます。

ギガファイル便動画講座|ギガファイル便公式NEWS (gigafile.nu)

〇ファイル名は「セミコン 申込者名 題名」にしてください。

例:セミコン 中野洋子 もみじ山公園通りの秋

〇<アップロード>タブの「保持期間変更」で保持期間を「100日」にしてください。

〇<アップロード>タブの所定箇所に映像ファイルをドラッグ&ドロップしてください。

〇次に<アップロード>タブ隣の<封筒マーク>のタブをクリックします。

〇<封筒マーク>のタブ「メモ」欄に、ファイル名同様「セミコン 申込者名 題名」を記入してください。

〇その下の「アップロード情報をメールで送信する」欄に、なかの洋舞連盟メールアドレスを記入してください。 office@nakanodancecompetitiontokyo.com

〇その下の「受け取り確認(ダウンロード通知)を行う」欄は任意ですが、記入しておくと安心です。

〇先程office@nakanodancecompetitiontokyo.comを記入した「アップロード情報をメールで送信する」欄の横の「送信する」をクリックします。以上です。

 

映像セミコン2022 開催募集要項

映像セミコン2022申込フォーム

※「申込方法」「ギガファイル便での送信の仕方」「映像撮影規定」をよくお読みの上、お申込みください。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>